マチルvol.2

マチルvol.2 page 6/32

電子ブックを開く

このページは マチルvol.2 の電子ブックに掲載されている6ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「電子ブックを開く」をクリックすると今すぐ対象ページへ移動します。

概要:
鯖ずし1200円トロ鯖のたたきずし1400円鯖スモークずし1600円※1人前6切れの値段おはぎ(あん・きなこ)各160円それぞれ違った美味しさがある3種類の鯖ずし、ぜひお試しくださいね~。倉橋清子さん毎日きちんと着....

鯖ずし1200円トロ鯖のたたきずし1400円鯖スモークずし1600円※1人前6切れの値段おはぎ(あん・きなこ)各160円それぞれ違った美味しさがある3種類の鯖ずし、ぜひお試しくださいね~。倉橋清子さん毎日きちんと着物を着てたすきを締め、日本人ならではの美しい仕事姿で店に立つ倉橋さん。さんぽ時は意外にもジーパン姿!早朝の猫洞通りでカジュアル倉橋さんを見つけたら、その日はいいコトありそう。本山の中心で鯖を押す、美人親子4人花誠P052・751・5300名古屋市千種区猫洞通5-13若山ビル1F11:00~17:00月曜休りさんぽを教えてもらった。思う美人3姉妹に、このエリアの立ち寄い。そんな倉橋さんと、遠方から故郷をた方も、きっとい気分になれたに違いなうな笑顔で語る。朝、倉橋さんに出会え2本もいただいたんですよ」と少女のよお声をかけたら、なんと掘りたての筍をうございます。気持ちのい朝ですね?とよ。筍を掘っている方を見かけて〝おはよ当にそう。今朝もいことがあったんです「〝早起きは三文の徳?と言うけれど、本しみながら1時間かけて「花誠」に到着。中の庭の花や店の方との会話などを楽ぽ。自宅近くの平和公園から、住宅街のを送る倉橋さんの楽しみが、朝のおさん「がく味噌」などを作り、と忙しい毎日込み、おはぎの餡を炊き、オリジナルの一人で店を守っているのだそう。鯖を仕お嫁に行き、今は母親である倉橋さんがあった。聞くと、その美人たちは遠方へ人3姉妹がいる」という都市伝説的噂が味噌の店「花誠」。実はこの店には「美の看板が目印の鯖寿司とおはぎ、創作本山から猫洞通りに行く入口、うさぎ気持ちい1時間のおさんぽ忙しい毎日の始まりは、06