ブックタイトルマチルvol.4

ページ
11/32

このページは マチルvol.4 の電子ブックに掲載されている11ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play
  • Available on the Windows Store

概要

マチルvol.4

11 名古屋市千種区猫洞通3-7-4811:00~19:00 水曜休or dans le sable[オー ダン ル サーブル]P052・364・9883 読み方が難しい店名は「砂の中の金」という意味。「うちの店でキラッとしたものを見つけてもらえたら」という思いが込められている。そんなこの店に集められた雑貨の共通点は、”長く作られているもの“ ”ひと手間ふた手間、手仕事のぬくもりが感じられるもの“。タイの山奥で女性たちが一つひとつ刺繍を施した財布や、明治時代から営まれている老舗紙屋の原稿用紙など、そのモノが持つ歴史やストーリーを想像して↓ドキドキして↓思わず手で触れたくなる、という魅力を持ったモノばかり。 ほのぼのとした可愛いお庭を抜け、入り口で靴を脱いで入る癒しの空間。本山の静かな住宅街の中にあるこの店の存在自体が、まさに”or dans le sable“だ。砂の中にキラりと光る砂金が!そういうトキメキ、あります。1.南向きで暖かいお庭では、今後は蚤の市などもやりたいとのこと。素敵です!  2.水牛の革を使ったバッグ。自然のシミやシワがチャームポイント。3.タイの女性がひと針ひと針丁寧に刺繍を施した財布。1つも同じ柄がないのが魅力。 4.浅草の老舗紙屋「満寿屋」の原稿用紙や一筆せんなど。文豪も愛用する逸品!初めまして。特技は宝探しのようなドキドキ感を楽しんでいただくことです。です。〈chahat 〉のバッグ7140円ひとでブレスレット4515 円2013年5月OPEN三つ折財布1万1550 円長財布1 万4700円3 224