ブックタイトルマチルvol.4

ページ
28/32

このページは マチルvol.4 の電子ブックに掲載されている28ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play
  • Available on the Windows Store

概要

マチルvol.4

「みなさんお久しぶりね?。え? まだやってたのかって!?ちょっと、失礼しちゃうわね! 今回も面白い情報を仕入れたから教えてあげようと思ったけど、もうやめようかしらっ!!ふんっ」 お客さん達が最近よく話題にしているお店があるのよ。なんでも、あるモノに対するマニアが夜な夜な集まるメチャメチャ熱いバーだそうよ。気象台の近くにあるから「ここでイベントがある夜は名古屋の気温が上がる」なんて都市伝説までアルとかナイとか…。で、その店のファンが言うには「ここは一人で来ても同じモノを愛する人たちが集まってるから安心。同志達とコレについて語れる時間が幸せ」だって。でもそれ、実は私もわかっちゃうのよね?。私だって、韓流ドラマ好きな人ばかりが集まる店で、好きな俳優やドラマやシーンについて語り合えたらどんなにいいかと思うわっ! そうだ! ここをそういうお店にしちゃおうかしら! って、また話が脱線しちゃったわね。 で、偵察に行ってみたのよ、その噂のお店「B MAX」へ。それにしても、“B”って何なのかしら。それがMAXなのよ! 気になるわ?。 なんて考えながらその場所に到着。そしたらね、お店はあるんだけど営業してないのよ。定休日かしらって、また別の日に行ってみたの。なのにまた開いてないの!ちょっと! 何よこの店! なめてんの!つって荒れてたら、チーママが「あの店、土日しかやってないらしいっすよ?♪」ですって! ちょっとあんた、早く教えなさいよ???…。 そんな苦労の末、三度目の正直でついにそのお店の中に入れたのよ。で、入った瞬間に“B”の意味がわかったわ。だって、そこに貼ってあったんだもの、イケメンおじさん2人組のロックなポスターが。なるほどね?。私は全く“B”ファンじゃないんだけど、一応せっかく来たんだしカクテルをオーダーしたのよ「オススメのお願い」って。そしたら、マスターと常連らしきお嬢ちゃんが何だか相談をはじめちゃって、「グローリーデイズがいいんじゃない?」「でも、マイナーな名曲もあるってことで、光芒はどうすか?」「光芒いっちゃう?? あ、スプラッシュは? か?、ステイグリーン?」…。って、何でもいいわよっ!!こちとら、“B”の歌とか全く知らないんだから、その曲名がついたカクテルをしつこく迷われても知らんっつー話よ、全くもうっ。なんて、私的には完全なアウェイ状態だったんだけど、実はここ、“B”ファンの間ではレジェンド的なお店らしくって、日本全国から集まってくるんですってよ。すごいわね! やっぱりうちもKファンの店にすべきかしら。まあ、全然興味無い“B”のお店だったけど、なんか刺激的で楽しい時間だったわ。「ありがとう、また来るわ」ってマスターに伝えたら、マスター涼しい表情で「ありがとうございます。でもウチ、来月閉店するんです」って! えーっ。何よ、この店も「ゆく店」だったのーっ? 町のレジェンドがまた一つ姿を消すわ、っていうお話。でも、4月29日までの週末はやってるそうよ。閉店を惜しむ熱烈な“B”ファンの中でがんばれる自信のある人は行ってみたら? じゃ、今日はもう閉店よ。アンニョン?”B界“のレジェンド、その運命や如何に!?28この町のどこかに存在する、好奇心旺盛、物知りママ、マチルさんが一人で営むスナック。年齢不詳、国籍、性別に至るまで、謎だらけ、そしてちょっと辛口トークが魅力なマチルママが、町の伝説や裏情報をこっそり教えてくれる。長い相談の結果、作ってくれたカクテルは「HEAT」と「B-MAX」各600 円。スナック マチル