ブックタイトルマチルvol.4

ページ
9/32

このページは マチルvol.4 の電子ブックに掲載されている9ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play
  • Available on the Windows Store

概要

マチルvol.4

09 お家の中でいつもふわ~んとゆれている黒猫のモビールが大のお気に入りです!加藤さん親子独自の哲学に則り着実に歩をすすめる姿がすばらしいです。今後の展開、期待しております。リチル 宮地さん夫妻マニュさんにつなげてもらった作家さんも多くて、刺激をいただきにお店に行ってました。また何か一緒にやりましょ!にちよう市 外畑さん理由一旦、本来の道に戻るため今後ネットと卸しを中心にして、商品の幅をグングン拡大中!2 0 1 3 年7月3 1日閉店夢がいっぱい詰まった、小さな宝箱のようなショップが… ファンタジックな世界感を紙と糸だけで表現するオリジナルのモビール「マニュモビール」を開発し、子供にも大人にも癒しの時間を教えてくれた小さなお店。その世界感にピッタリ似合う今井さんご夫婦が、2011年から2年半経営し、昨年7月に閉店した。理由は「もともとは卸しを中心にやっていたのですが、販路をどう広げていこうかと悩み、お店をはじめたんです。で、その辺りが見えてきたので、一旦本来やりたかったことに戻ろうと」。お店をオープンした一年目は「お店の経営は初めてだったから、何もかも大変でした。その年の9月には子供も生まれて、店も子供もイベントも初めてのことばかりで、もうぐちゃぐちゃでしたね」と、お店に漂う癒しの雰囲気とは裏腹に、内情はスッチャカメッチャカだったのだと。「でも2年目からはお店のことにも慣れたし、お客様のママさんたちに子育てのことを相談できたりして、逆に私たちが癒されていました」と振り返る。 現在は、ネット販売と卸しを中心にしているため制作に集中。今井さんがデザインしたものを、障碍者の方に作ってもらっているのだとか。そういった制作の基盤ができたからこそ、新商品の開発もスムーズにできる。3月には新作の「葉っぱのモビール」が、4月には「鯉のぼり」の2014年バージョンが登場予定だとか。この辺りでは「ラボライフ」や「リチル」で購入が可能。「今後は“紙”というテーマ以外に、“ ベビー用品”というもう一つの柱も立て商品の幅を広げて行きたい。そしてまた、お店を出せたらと思っています」と、夢を語ってくれた。 マニュさん、その時は絶対マチルの町に戻ってきてくださいね! また会える日を楽しみにしています。いつもいろんな所で作品をお見かけし、すごいなぁと思っています。今後のご活躍も楽しみにしております!シマウマ書房 鈴木さん